Folioscope

2018-01-21

Vim Vixenの開発について

昨日Vim Vixen 0.10をリリースしました。 おかげさまでVim Vixenのユーザ数も8,000人に届こうとしてます。

このVim Vixen 0.10では、クリップボードからURLを開く、Inputにフォーカスするなど、新たに4つのキーマップが新たに加わりました。 またプロパティという仕組みを追加し、スムーズスクロールと、ヒントのカスタムキーマップを設定できるようになりました。 詳しくはリリースノートをご覧ください。
Vim Vixen – Add-ons for Firefox

もっと読む…

2017-12-20

Kafka Replication Deep Dive

この記事は Distributed computing Advent Calendar 2017 20日目の記事です。

Apache Kafka Logo

Kafkaのレプリケーションは、高可用性と高信頼性を実現するための、重要な機能の1つです。 この記事では、Kafkaのレプリケーションの仕組みについて紹介します。

レプリケーションの基礎

Kafkaのデータストリームの最小単位はパーティションです。またレプリケーションもパーティション単位で行われます。 Kafkaのレプリケーションの情報は、ZooKeeper上に...

もっと読む…

2017-12-13

Kafkaの管理ツールを読む - kafka-broker-api-versions.sh編

この記事は Distributed computing Advent Calendar 2017 の13日目の記事です。

Apache Kafka Logo

Kafkaのブローカー間、あるいはブローカーとクライアント間の通信は、TCP経由のバイナリプロトコルです。 それぞれの通信はAPIとして定義されており、どういうフォーマットのリクエスト・レスポンスなのかが定められています。

APIにはバージョンがあります。 ブローカーがサポートするAPIのバージョンを取得するには、Kafkaに標準に同梱されている kafka-broker...

もっと読む…

2017-12-06

Kafkaの管理ツールを読む - kafka-topics.sh編

この記事は Distributed computing Advent Calendar 2017 の6日目の記事です。

Apache Kafka Logo

Apache Kafkaにはクラスタの管理ツールが含まれており、ユーザはこれらのツールを使ってトピックやオフセットを管理できます。 コードは規模的にもあまり大きくないので、Kafkaの勉強にはちょうどいい教材です。 Kafkaの内部構造を知ることで、障害発生時に原因を特定しやすくなります。

この記事では、トピック管理用の kafka-topics.sh の、よく使...

もっと読む…

2017-09-10

webpack/babelでWebExtensionsの開発環境を整える

webpack screenshort

Firefoxはバージョン48からWebExtensionsのサポートを始め、そして2017年11月にリリースされるバージョン57で、旧APIを使ったAdd-onsのサポートを打ち切ります。 この意向に嘆くFirefoxユーザも少なくないでしょうが、Mozillaも脆弱性の温床だった旧Add-ons APIを早く捨てたかったんじゃないでしょうか。 Microsoft EdgeもWebExtensionsをサポートしているそうで、よりWebExtensionsの機運が高まってます。

こ...

もっと読む…

2017-07-24

CSSでPDF出力をいい感じに設定する

CSSには印刷のスタイルを指定できるルール・プロパティが用意されています。 そしてChromiumやGoogle Chromeは標準でPDF出力ができます。 つまり厄介なPDFファイル作成をCSSで簡単にできるようになります。 この記事は、CSSでいい感じにPDF出力する例を説明します。

サンプルはCodePenで公開しています。
https://codepen.io/ueokande/pen/yoBwrq

CSSの印刷サポート

CSSには、以下のような印刷の設定ができるルール・プロ...

もっと読む…

2017-07-04

VagrantでAnsibleを加速させる

Vagrant, Docker and Ansible

Ansibleなどのプロビジョニングスクリプトを同じホストに何度も適用していると、そのスクリプトが正しく動くのか怪しくなってきます。 新規環境で流すと実は動かなかったりなんて。 この記事ではコンテナを使って高速に環境を再作成することで、いつも正しく動くプロビジョニングスクリプトを記述する方法を紹介します。 Vagrant用が生成するssh_configをAnsibleに渡すので、Ansibleのinventoryファイルを編集せずにデプロイ先をコンテナに切り替えることができます。 Vagrantfile

もっと読む…
< Page 2 of 23 >