builderscon2日目レポートです。 今日も豪華なスピーカーが勢揃いで、最高の1日でした。

builderscon tokyo 2018 end day
※ 画像はaphyrさんのスライドからです

Security, privacy, performance of the upcoming transport protocols

1本目は、kazuho氏による次世代のインターネットプロトコルのお話でした。

インターネット・プロトコルは変革期で、次々と新しいプロトコルが生まれています。 セキュリティという観点では、パブリックWi-Fiの普及やスノーデンの話をきっかけに、完全なネットワークで暗号化が必要となっています。 現在、あるいは近い将来にDNS over HTTPSやQUICなどの次世代のプロトコルが必要になっています。

この発表では、TLS 1.3とQUICについて詳しく説明がありました。 それぞれについて、今のTLS1.2とTCPでは何が危険でどういう攻撃が想定されるかという説明もあって、非常に興味深い内容でした。

Jepsen 10

2つめはaphyr氏による、Japsen 10というフレームワークと、分散データベースにまつわるお話です。 Jepsenとは分散システムの試験をするフレームワークで、実際の著名な分散データベースの不具合を発見しています。

分散システムが難しいのは以前からですが、aphyr氏が言っていたのは、ソフトウェアのドキュメントをよく読み、自分でテストするのが大事だと言ってました。 自分でデザインした分散システムでも、障害例について参考になりそうなので、Jepsenプロジェクトを追ってみたいと思います。

また発表が手書きのスライドだったのが印象的でした。 別のカンファレンスでの発表ですが、そのユニークなスライドがYouTubeから拝見できます。

なぜエンジニアはパフォーマンス計測しないのか

3つめはmogetta氏による、(体の)パフォーマンス計測に関するお話です。

徹底的に体のメトリクスを計測して、生活の質を改善しています。 あらゆるメトリクス(心拍・集中力・睡眠時間)などを計測して、それぞれのメトリクスを計測してます。 カフェインやお酒がどのように影響してるかを調べて見るために、自分でA/Bテストを実施してたのが面白かったです。

チューニングをするにもまずはメトリクスの測定から、人体も実際のインフラも同じですね。 体のパフォーマンスが生産性に影響があるのは、ヘルシープログラマでも述べられてるのを思い出しました。 デバイスも安いらしいので、自分も買ってみようかな。

業務時間で書いたパッチは誰のもの?OSS活動にまつわる罠

4つめはuchan_nos氏による、サイボウズのOSSポリシーの紹介でした。 話ではポリシーの内容と、ポリシー制定に至った経緯をお話してました。 Q&Aタイムも盛り上がって、他の企業の人たちも業務時間中に書いたOSSについて気になってるんだなぁと思いました。

Building Self-Hosted Kubernetes

5つめはnasa9084氏によるSelf-Hosted Kubernetesを構築するというお話でした。

Self-Hosted Kubernetesに関しては、メリットと構築の難しさは以前調べたことがあるので、ある程度知識としてありました。 etcdのSelf-HostingやKubernetesのデプロイツールがまだProduction readyじゃないですが、そのへんは今後に期待ですね。

Extending Kubernetes with Custom Resources and Operator Frameworks

6つめはIanMLewis氏によるKubernetesを拡張する方法についてです。 KubernetesにはCustom ResourcesとOperator Frameworksという仕組みがあり、Kubernetes自体のカスタマイズができるようになっています。 スライドでは Operator SDKkubebuilder と呼ばれるCustom ResourcesのためのSDKが紹介されてました。

オンプレミスや特殊な環境でKubernetesを構築するにはいろいろな工夫が必要で、そのへんも工夫が必要だなと思いました。 ボイラープレートの作成がデモであったのですが、実際にリソースを作ってみたいと思います。

Lightning Talks

LTは14タイトルと盛りだくさんでした。 内容はマイクロサービスアーキテクチャのログ基盤やネットワークレイヤの障害試験と、LTとは思えないほど濃い話しばかりでした。 全ての内容はここでは書けませんが、非常に充実した14本でした。

おわりに

2日間通して、豪華なスピーカーが多くて最高の体験でした。 また最高のbuildersconを実行した運営の皆様お疲れ様でした。

機会があれば来年も参加したいと思います。
# 体力があればぜひ参加者側として