VimConf2017に行ってきました。 日頃の感謝の意を込めて、個人スポンサーとして参加しました。

VimConf2017

Vim, Me and Community

@haya14busaさんによる、Vimを使い始めたきっかけと、Vim/Vim pluginへの貢献についてのお話です。

https://docs.google.com/presentation/d/14pViuMIXPiNwQD8nuGRG72GUqSeKDqoJqjAZWS39U

自分もVim歴は5年くらいになるのですが、自分はそこまでは至ることができませんでした。 この発表で@haya14busaさん自身も言ってましたが、パッチの裏には何人もの人たちが関わっていました。 こういった議論がオープンな場で交わせるようになった現代は、いい時代になったと思いました。

The Past and Future of Vim-go

@fatihさんによる、vim-goのお話です。

https://speakerdeck.com/farslan/the-past-and-future-of-vim-go

同時通訳があったのですが、@fatihさんの英語も聞き取りやすかったのでそのまま聞いてました(通訳も味があって盛り上がってましたが)。 vim-goのプラグインの導入は、vim-goただ1つでよかったり、:GoInstallBinariesで必要な依存がインストールされたりと、導入がとても楽です。 その思想がvim-goが広く使われる理由だと思いますし、自分もそうじゃなかったら使ってなかったのかも知れません。 今後のvim-goの進化にも期待です。

Talk show

@mattn_jpさん、@k_takataさん、@kaoriyaさんによるトークショーです。

自分は古い時代のVimやインターネットをあまり知らないので、昔の話を聞くだけでもすごく楽しいですしためになります。 そしてGitHubで議論したりパッチを投げられる今の時代に感謝です。 あと、Vimの開発体制も知れてよかったです。

Creating your lovely color scheme

@cocoponさんによる、lovelyなvim colorschemeを作るお話です。

https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme

「コンセプトを決める」「基本カラーを元に色を増やす」などデザインとして大事な話から、どうVim colorschemeを書くかというお話でした。 そしてきれいなcolorschemeを作るだけでなく、アクセシビリティや256color対応のお話もされてました(自分も$TERMxterm-256colorです)。 自分もとりあえずのhybridをつかってますが、このお話を聞いて自分でも作りたくなってきました。 あとスライドが非常にキレイでした。

vmp: the most ambitious vim emulator

@t9mdさんによる、Atom上のVimプラグインのお話です。

https://qiita.com/t9md/items/236d09fea9bcdfabdcea

Vimコマンドの「動詞句」「目的語」のお話どっかでも聞いたなーと思ってたら、去年もお話されてました。 自分自体はしばらくAtomを使う予定は無いですが、内部処理のお話は楽しいですし、Atomならではの、ピカピカする感じがキレイでした。 ちなみにVim Vixenは目的語が豊富じゃないので、コマンドの処理はswitch caseで処理してます。

Vim and Compatibility

@senopenさんによる、どこでも動くVim scriptのお話です。

http://lamsh.github.io/slide/2017/20171104_VimConf2017/index.html

現在はVim/Vim scriptが標準化されてないので、移植性が高いVim scriptを作るにはいろいろ頑張る必要があります。 発表では「Write .vimrc Once, Work Vim Anytime/Anywhere」と言ってましたが、Vimプラグインを作ったときにも同じことを考える必要がありますね。 Vimバージョン固有の機能を使うときは、バージョン・パッチによる条件分岐をするか、必要な前提条件は書いておいたほうがユーザにも優しそうです。

neosnippet.vim + deoppet.nvim

@ShougoMatsuさんによる、dark poweredなプラギンのおはなしです。

https://www.slideshare.net/Shougo/neosnippetvim-deoppetnvim-in-vim-conf-2017

「snippet、よくわからないから作る」という行動力と実装力が羨ましいです。 来年にはいい感じにスニペットができるそうです。 あとdeoplete.nvimがVim8に対応したからneocomplete.vimの開発が終了らしいです。

How ordinary Vim user contributed to Vim

@dice_zuさんによる、Vimのコントリビュートのお話です。

https://speakerdeck.com/daisuzu/how-ordinary-vim-user-contributed-to-vim

本人は謙遜気味でお話していましたが、Vimにパッチを送って取り込まれているという実績があるので、すごいなぁと思いました。 またVimのバグの再現やコントリビュートまでの手順もしっかりとしていて、参考になりました。

The new syntax highlighter for Vim

@pckさんによる、Rubyの複雑な文法に対するシンタックスハイライトについてです。

https://speakerdeck.com/pocke/the-new-syntax-highlighter-for-vim

Vimのシンタックスハイライトは、startとかendとかでマッチする条件を正規表現で記述できますが(自分も過去にちょっとだけ書いたことある)、 Rubyの複雑な文法ではうまく対応できないということでした。 ということでRubyパーサーのRipperでRubyのコードを解析していい感じにハイライトするというお話でした。 これTalk showで「ASTでsyntax highlight書けるようにしたい」ってお話が出て、まさにコレだなーと思いました。 ただRubyがわでsyntax groupを割り当てるなどインターフェイスがまだVimと連携できる感じではなさそうだったのですが、今後の発展にも期待です。

You’ve been Super Viman. After this talk, you could say you are Super Viman 2 – Life with gina.vim

@lambdalisueさんによる、Gina.vimのお話です。

https://lambdalisue.github.io/vimconf2017/assets/player/KeynoteDHTMLPlayer.html

git addとかgit diffとかのゴニョゴニョする処理を、Vimでできるプラグインです。 たしかに自分の場合もgit commitする前の段階や、履歴を追うだけで妙に時間かかってました。 ちょっと入れてみます。

来年までの自分のトライ

  • .vimrcをいい感じにする … Vim熱が覚めないうちにVimります。
  • 登壇できるレベルにはVim貢献・Vimプラグインを作る … Vim熱が覚めないうちに
  • 弊社からスポンサーになる … 今年は企業スポンサーが多かったですが、それでも赤字だそうなので、ちょっと来年にむけて頑張ってみます