Cookpad TechConf 2017に行ってきました。 発表と感想を雑にまとめました。

発表資料・動画が後日公開されるので、この記事を読むよりもそちらを呼んだほうが良い気がします。

Cookpad under a microscope

  • Cookpadは「レシピを探す人」「レシピを投稿する人」のビジネスが確立
  • イケイケベンチャー感あるが今年で21年
  • オープンソースのタダ乗りをしない、 コミュニティへの貢献がビジネスも成長させる
  • Rubyコミッタ笹田さん、cookpadに入社

Go Global

  • 海外新種は多言語化のみではない、現地の生活にいち早く馴染めるかが鍵
  • 国によって当たり前品質(must-be quality)と魅力的品質(attractive quality)は異なる
  • 地道な努力がグローバル進出への実を結んでいるんだと思った。

Building infrastructure for our global service

  • 世界中からアクセスされるCookpadの構成
  • イスラムのラマダンでアクセスがやばい
  • 円滑なDevOpsできる環境づくりも進んでいる

サービス開発におけるデザインの取り組み方

  • デザイナの仕事≠画面のデザイン
  • 価値検証のためのプロトタイピング
  • 実データを使ってプロトタイプを作る

モバイルアプリのABテスト

  • モバイル向けABテストフレームワークをを内製
  • モバイルはWebとはまた違う課題がある
  • その画題を技術で埋めている感じがした

チームでプロダクト開発をするための取り組み

  • チームのパフォーマンス・成果を最大化するためのマネジメントとは
  • チームメンバーからの信頼を得ることを根底に取り組む
  • 信頼を得るのも一朝一夕でできることではないので、発表者のカリスマ性を感じた

より良い検索体験のための情報設計とプロトタイピング

  • 機能と体験は表裏一体
  • 目指す体験を明確にし、それを得るに至る具体的なシナリオと必要な機能を選定・洗礼
  • 検索も、どんな流れで目的を達成できるか
  • 機能ごとに部署が出来上がるのは面白い

組織全体でGitHubを使ようになるまで

  • エンジニア以外の人たちにも、GitHubでコミュニケーション
  • 非エンジニアのハードルを下げる取り組みなど
  • GitHubが最適な答えかは疑問で、登壇者もそう発言していた。
  • それでも情報共有基盤を1つにまとめることで、煩雑なコミュニケーションが減って良い

快適なサービス開発を支える技術

  • マイクロサービスのためのツールたち
  • Slack botでデプロイ
  • Zabbixで監視、異常時はSlackに通知、Twilioで電話
  • 生産性・開発サイクルを最大限にしている感じがした
  • 1日に何回も安定・安心してデプロイできる仕組みすごい

Real World Machine Learning

  • Cookpadの機械学習利用するまでの道のり
  • AWS上のGPUクラスタの環境構築も自動化
  • 2016年7月に研究開発部発足、同年10月にアプリリリース
  • 環境構築・改善はWebエンジニアリングと通ずる
  • 「研究開発部」という名前だが、物を作って3ヶ月でアプリリリースできるのすごい

行動ログでプロダクトを改善するには

  • ログからユーザをモニタ、そしてエンパワー
  • DBもログも一箇所のDWHにあるので、SQLで横断的にクエリがかける
  • ディレクターもデータ・ログに興味があるのでどんどんクエリを叩く
  • そういえばSQLの関数全然知らないや

Cookpad awakens

  • めっちゃ環境が進歩しており、ツールをめっちゃアウトプットしてる
  • 不安定なスポットインスタンスも平然と安定稼働させるのすごい
  • 今年の活動にもさらなる期待

おわりに

最後に雑な感想を

  • 社員たちがOSS化へのモチベーションが高い、そしてできる環境が揃っているのが良い
  • 1年目からガンガン登壇・活躍しているのもすごい
  • 明言してる人はいなかったが、20年の歴史の賜物なんだなーと思った
  • 帰ってからストリームの録画を見てみたが、見やすくて良い