Folioscope

“コラム・雑談” タグのついた記事

  • 5×5魔方陣の全解を求めた記事を読んで

    結論 高校生がスーパーコンピュータを使って5×5魔方陣の全解を求めることに成功http://www.ccs.tsukuba.ac.jp/pr/media/140228_press 総当たりを14で行いましたが、これが最も少ないかどうかはわかりません。 結論から言うと、14が最小であることはコンピュータによって証明できる。 この記事で着目したいのは、魔法陣の全解を求めたことより、「枝刈り法」によって解を求めたことである。 枝刈り法によって総当りするマスを減らし、計算時間の削減を図った。 つま …

  • 読みやすい記事の書き方を考える

    結論 結論は記事のトップに書くべきである。 これまでの自分の記事を眺めてみると、とにかく長い。 として何より、文章がボトムアップで構成されている。 つまり文章の作り方が下手ということである。 プレゼンテーションにせよ、論文にせよ、トップダウンが好まれる。 先の見えない文章を見せつけられるのは、苦痛以外の何者でもない. 演劇や小説ではあるまいし、読者が一番知りたいのは結末である。 結論が最後にある記事は、沈殿したドリンクを味わえと言っているようなものだ。 ブログの場合は更に極端で、結論から書く、 …

  • MagSafeもげた

    photo by nebarnix 何があったかはタイトル通り。MacBook AirのMagSafeがもげた。 自分で修理すればそれで終わりかもしれないが、このMacBook Airはナ゙ニ゙ーーーさんからの借り物なので勝手に修理などはできない。 今週木曜に研究発表があるので、それが終わったら謝ってナ゙ニ゙ーーーさんに返すことにする。 さてMacBook Air返却後の生活を考える。 MacBookAirにできて他のマシンにできないことと言えばKeynoteの美しいプレゼンだけで、 緊急を要す …

  • プレゼンテーションソフトウェアを比較

    プレゼンテーションは研究者として決して欠かすことのできないプロセスです。 プレゼンテーションの手法はいくらでもあるが、残念ながらPowerPointがデファクトスタンダードとなっており、とっとといいプレゼンテーションソフトに移行したく思っています。 そこでいくつかのプレゼンテーションソフトを次の4つの視点から評価してみました。 表現力 なんと言ってもプレゼンテーションで必要になるのは、その表現力。 研究発表は硬派なイメージがあるかもしれませんが、決してそうとは限りません。プレゼンテーションでは …

  • Kensington SlimBladeを買ってしまった

    Photo by Outsider.ne.kr 前々から欲しかったKensinton SlimBladeをついに買ってしまった. 数年前にPC系の雑誌で見て,それ以来からずっと欲しかった. SlimBladeは,ボールを転がすとカーソル移動,そして水平方向に回すとホイールとして動作する. 使い心地 Webを調べると高評価なレビューが多くあるように,実に使い勝手が良い. 初めてのトラックボールにふさわしい一品である. VimperatorやAwesomeによってキーボード中心の生活であるが,マウス …

  • Goodbye Feedly

    Google Readerが終了してから2ヶ月,自分はFeedlyに移行した. しかし最近Feedlyが,ユーザが増えたのをいいことに,やたらと課金を押し付けてくる. 残念ながら金のニオイを顕にしたFeedlyにはGoodbyeである. さて次の移行先だが,選ぶべきものはもちろんCLIアプリケーション. いろいろ試して,自分にはCantoが一番使いやすいと感じた. CantoにはGoogle ReaderやFeedlyのようなペインはなく導入を躊躇したが,入れてみるとその使いやすさに感激. …

  • Goodbye Thunderbird

    残念ながら自分の中でThunderbirdは終わりを迎えた. そもそもThunderbirdを使い始めた時から,いらない機能が多かった. 現在ではSNSやカレンダーを備え,メーラとしての本意を失っている. その姿はまるで,腹に大きなフォアグラを抱えるガチョウのようである. Awesomeに乗り換えてから,よりターミナル中心で作業するようになった. そこでメーラもCLIに乗り換えようと,Muttを使い始めてみた. CLIとはいえサイドバーも表示でき,Thunderbirdからの移行もスムーズに行え …

  • Goodbye Dropbox

    もうかなり前にDropboxとはGoodbyeした. 数年前まではDropboxを使っていたが,その便利さが自分には不便に感じた. 自動で同期し勝手にコンフリクトしたファイルをリネームされたり,不要なファイルによるトラフィックの圧迫が気になっていた. 当時からDropboxを使いこなせていたようには思えないが. 現在は複数マシン間でファイルを同期するために,VPSを使用している. 作業中のプロジェクトはgitで管理し,リポジトリをVPSに作成している. 終了したプロジェクト(更新しないファイル) …

  • ワンライナーの財産

    ワンラインのシェルスクリプトは美しい 例えば*.mdのファイルを*.txtにリネームするなら $ for f in *.md; do mv "$f" `basename $f .md`.txt; done だとか,ソースコードの総行数を取得するなら $ find -regex ".*\.cpp\|.*\.h" | xargs wc -l だとか,考えるだけでも楽しい. しかしWindowsの場合は,オモチャのようなターミナルしか無いので,その結果よくわからな …

  • 新しいディスプレイサーバへの期待と不安

    長らくUnix系OSで使われてきたX Window Systemにも限界が来ており,新しいディスプレイサーバであるWaylandやMirの開発が活発になっている.最近ではPhoronixでもWaylandやMirの話で持ちきりである.しかし新しい時代への期待が高まる中,同時に新しい時代への不安も高まる. KDEやGnomeといった近代的なデスクトップ環境はすでにWaylandに対応しており,これらはすでに新しいプロトコルへの移行の準備は整っている.しかし取り残されたアプリケーションはどうなるの …

< Page 2 of 4 >