Folioscope

Archive for 2012

  • ソースコードの総行数を取得する

    C++を例に,ソースツリーのルートディレクトリに移動して次のコマンドを実行するだけ find -regex ".*\.h\|.*\.cpp" | xargs wc -l | tail -n 1 気持ちよく1行で書けると脳内物質が出ているのを感じとれる

  • Qt Creatorの不思議実装

    MacOS版のQt Creatorはver.2.6からフルスクリーンに対応しています.しかしQtのライブラリにはMac OSのフルスクリーンのためのAPIが用意されておらず,Cocoaのライブラリを叩く必要があります.ではQt Creatorではどのような実装になっているのでしょうか. Qt Creatorのソースの$QTCREATOR/src/plugins/corepluginにメインウィンドウを始めとするコアのプラグインが入っています.このディレクトリのmainwindow.cppというフ …

  • \section再定義にハマる

    LaTeXでの\section再定義にハマった. \sectionの再定義をしている次のコードをコンパイルすると,下の図のような結果となる. \documentclass[]{article} \makeatletter \renewcommand\section{\@startsection {section}{1}{\z@} {-3.5ex \@plus -1ex \@minus -.2ex} {2.3ex \@plus.2ex} {\normalfont\Large\bfseries} } …

  • カウンタも剰余演算もないSleep FizzBuzz作ってみてpushしてみた

    かなり前の記事,カウンタも剰余演算もないSleep FizzBuzz作ってみたをgithubにpushしてgist-itでembedしてみる.

  • gist-itの紹介

    github:gistというのがある. Gist - GitHub これは断片的なコードをブログなどに公開するのに使われる. github:gistの特徴として コードをembedでWebページに貼り付けられる バーション管理(差分管理・フォークなど)ができる URLを知らない人は見ることはできない などがある. 断片的コード以上の書き捨てプログラムは,githubにpushして公開したい. そしてembedにしてブログにも貼り付けたい,という時にgist-itというのが便利である. …

  • 訳あってTumblr再開した

    特に訳はない http://flopbook.tumblr.com/ いろんな記事のスクラップに使う予定

  • Bashのプロンプトを不謹慎にする

    Bashのプロンプトは自由に変えることができ,PS1という環境変数に設定できます. 例えばDOSのプロンプトが好きな人は次の設定をするといいでしょう. export PS1="C:\> " 結果はこのようになります(※Unix系OSにはドライブレターはありません). 刺激が欲しい人は,次のように設定すると,少し不謹慎ムードに包まれます. export PS1='$(if [[ $? = 0 ]];then echo …

  • LaTeXで太字をキレイにする

    LaTeXの\textbfコマンドは文字を太字(boldface)にするコマンドであるが,日本語の場合ゴシック体で表示される事が多い.そのためpLaTeXで作成した文章で,太字あるいはセクションにゴシック体とセリフ体が混ざってキモい(気持ち悪い). そこでTeXのソースに次のプリアンブルを追加する. %%%% Sectionのフォント設定 \usepackage{sectsty} \allsectionsfont{\bfseries\sffamily} %%%% ¥textbf …

  • Github デビュー

    前回の記事のHTMLの論文をGithubにupした これで今日から僕もGithubユーザw(*^o^*)w ueokande/html-paper A paper with HTML5 + CSS3 by using a Web browser. github.com

  • HTMLで書く論文

    Microsoft Wordで書かれた論文が許されるのなら,HTMLで書かれた論文も許されるはずである. ということでHTML5 + CSS3を使って二段組の論文を作ってみた. あれ・・・Wordよりも美しい? もとのHTMLは次からダウンロードしてみてください. http://i-beam.org/pub/ronbun.html

< Page 2 of 5 >